消費者側利益一番に考える生命保険最新情報と保険相談

ほけんのブログ。裏話含め、実りある保険発信していきます。また相談も、全国からお待ちしています。

出来る人は、終身保険3000万円以上、契約しておく

終身保険3000万円以上の死亡保険契約しておくとよいですね。

 

60歳とか、70歳までの一定期間保障の掛け捨て死亡保険ではなく、いつ亡くなっても、88歳、92歳、99歳で亡くなっても、必ずもらえる終身保険にです。

 

それは、円建て、外貨建て問わず、家族が受け取れる、3000万円以上の現金化できる終身保障の生命保険です。

 

ただし、普通の申し込みすれば、かなり高い保険料と支払い期間になりますから、年収最低でも1000万円以上の人たちしか、家計的に無理でしょう。

 

しかし、毎年平均年収500万円のわたしが契約している終身保険の契約額は、合計5000万円以上の終身保険契約が出来ています。それも、保険料ほとんど8割型、支払い完了に近いです。

 

今からでも、3000万円以上の終身保険に、それだけ支払えるのが、現在20歳代から40歳前の人たちになるでしょうか?がんばれば出来るものです。貯蓄と死亡保障の両方が叶えられるのですから、頭良い選択といえます。新規に考える40歳代の人は、3000万弱2000万円超相当の契約になるでしょうか? 50歳代前半の年齢に人は、新規に1000万円弱相当の契約でしょうか? 計画的に構築して契約するならばです。

 

頭と行動力は、若いうち、謙虚に使ってみてください。

勉強と、相談、お待ちしております。

 

評論家

5%以上米ドル建て貯蓄性終身死亡保険は、申し込みすべし

f:id:a1631jp:20190920194332j:plain

逗子海外より


今、申し込み出るんだったら、申し込みしないと、もったいないですね。

 

なんだかんだと、保険屋さんは、都合よく相談客に放ち、実際はうらやましいだけなのです。自分の会社、代理店では取り扱っていないし、取引もさせてもらえないからです。

 

契約した者勝ちですね。

 

これまで契約した人たちは、会社員から公務員、教員、主婦、保険代理店経営者CFP・AFPのファイナンシャルプランナー、大手生保のおばちゃん外交員とお姉さん外交員、外資系生保の男性外交員、大手損害保険会社の営業所長、18歳の子供と様々でした。

 

こういう人たちまで、警察官、検察官、歌手・俳優、宝塚出身、税理士・会計士、保険会社内勤職員、全労済職員、銀行シンクタンク研究員もです。

 

7パーセントの契約利率は、もうそこまで高く契約利率では、申し込みできませんが、5%弱であれば、世界一の生保の米ドル建て終身保険や、5%あまりの大手外資生保の米ドル建て終身保険に申し込みできます。ただし、申し込み規定がありますので、申込者全員申し込みできるわけではありません。また申し込み後、契約を引き受けてよいかの契約審査があります。ですから、申し込み後の契約審査は、ちょっと厳しくなります。

 

とはいっても、申し込みし、契約が成立したならば、これは嬉しいものです。

ほかの人と、たま保険屋さんたちが契約している、普通の、かつ低利率の米ドル建て終身保険と違い、5%前後の米ドル建て終身保険に契約できているんですから、満足感も、将来もうれしい限りです。

 

頭は、生きているときに、活発な今のうち、活用しないとダメですね。

耄碌してからは、思考力も行動力も無くなります。

 

上手い話には、わけがあるのかもしれません。

しかし、上手い話の、儲け話の保険商品に申し込みできます。どうぞ!!!と無料とかで勧誘するのは、これは危険ですね。そんな無料で相談でき、容易に申し込み出来るなんて、それこそ、信用してはいけないんですね。

 

勉強代を出してこそ、また自己責任の認識を強く持ってこそ、人より上のクラスの良質保険商品が手に入るのだと思います。

 

勉強、お待ちしております。

 

なお、下記の生命保険格付け協会では、前述の話の5%前後の終身保険の求め方、これは相談できません。

NPO生命保険格付協会

生命保険格付け協会は、5%利率のが米ドル建て貯蓄性終身保険を除いた保険相談と保険トラブル、保険格付け情報発信と相談先となります。

 

高利率の米ドル建て終身保険の申し込みは、私主宰のオフ連絡会での個別相談となります。

 

契約した者勝ちです。

将来受け取る途中の解約返戻金は、一時所得、

家族が受け取ることになる死亡保険金は、相続税対象となります。普通の税金対象です。

 

 

評論家

目から鱗保険とは、終身保険活用して高貯蓄も高死亡保険金も得れるということ!

f:id:a1631jp:20190918235333j:plain

世界最大手の一つ、米ドル建て終身保険、37歳契約しました



私や私たち仲間が契約している米ドル建て終身保険の内訳です。

保険料支払い総額の安さ、

途中の解約返戻金の高さ、

死亡保険金の高さ

いずれも、猫も杓子専用ともいえる普通の人が契約する米ドル建て終身保険商品よりも、はるかに良質な米ドル建て終身保険ということが言えます。

契約利率は、7パーセントあまり。ものすごい契約利率です!

途中の解約返戻金、積立金を貸し付けすると、年利息8%取られます。

貸し付けて、保険会社は、1%の手数料利益ということになるわけです。

 

以下、簡単な契約内容です。

ある大手生保の米ドル建て終身保険です。普通の人は、申し込みできません。特定の人たちのみです。まだこの大手生保の米ドル建て終身保険は、申し込みできます。今でも。すこし契約利率下がってはいますが、ものすごい高い契約利率で、申し込みできます。そこらの他社生保の猫も杓子専用の米ドル建て終身保険の契約利率は3パーセント以下ですから、契約する価値すらありません。私たちが契約するものと4パーセントの損得差がありますね。約利率が低いということは、それだけ契約するときの保険料も高いということになるわけです。

 

契約した例、わかりやすく一ドル100円換算として計算します。

37歳、男性 ・・・・・保険料は女性のほうが更に一割は安いです。

年払い保険料3511ドル(日本円換算して、35万円)

これを10年間支払います。つまり10年払いの契約です。

10年間支払う保険料支払い総額は、3万5110ドルです。(日本円換算して、350万円あまりです)つまり、保険料元金がこれです。

 

61歳時の解約返戻金予定額、10万9066ドル (1090万円)・・・保険料元金の3倍弱

66歳時の解約返戻金、15万0786ドル

71歳時の解約返戻金、20万7135ドル (2070万円)・・・保険料元金の6倍以上

(途中解約せず、途中貸し付けできますし、一部解約して生活費の足しにも出来ます。)

76歳時の解約返戻金、27万8390ドル

 

61歳時の死亡保険金予定額23万6350ドル (61歳で急死してもこれだけもらえます!)

66歳時の保険保険金、27万1250ドル

71歳時の死亡保険金、31万7256ドル

76歳時の死亡保険金、37万3239ドル

81歳時の死亡保険金、41万6208ドル    ( 4160万円) ・・・保険料元金の12倍         

86歳時の死亡保険金、46万353ドル (長生きしても喜びですね。家族もハッピーです。)

91歳時の死亡保険金、51万2214ドル

 

これが、私たちが契約する高品質の米ドル建て終身保険です。世界最大手の生保会社です。

 

 

保険評論家、コンサルタント

 

 

保険会社や保険屋さんに騙されない、責任準備金では全く足りない支払い保険金

こんにちは。

今日、東京は雨です。皆さんの地域はどうですか?秋らしく涼しく感じます。

 

さて、保険会社は、責任準備金を積んで保険会社経営しています。

保険会社や保険外交員、保険代理店のFPさんたちは、保険会社は責任準備金を法律によって積んでいるので、保険会社が破綻したときなど、しっかり解約返戻金、個人年金、満期金、死亡保険金等満額支払えるような言い方をします。

 

ここに、だまされないでください。

満額ではないのです。つまり大幅に減額されて支払うということなのです。

最悪は、減額どころかゼロということも、あり得ることでしょう。これまではゼロということはありませんでしたが、6割減額ということは、これまで破綻した保険会社や傾いた保険会社は、実際にありました。それで契約者数百万人は、大損したわけです。

 

しかし、保険会社や外交員、代理店は、保険契約者保護機構に保険会社は入っているので、保険金等は守られますと、契約者話します。責任準備金も積んでいますから、最悪のことは回避できますというわけです。

 

だまされないでください。

相手は、保険会社、保険会社の外交員、保険会社の下請けの保険代理店のひとたちなのです。

 

破綻した保険会社は、責任準備金を満額積んでいますから、安心してくださいと広告します。潰れませんと・・・・。しかし、潰れたんです。そのよい例が、協栄生命でした。契約者の多くは、公務員の学校教職員と防衛関係の自衛隊職員、その他一般の人たちでした。学校の先生は教育のプロでも保険に関しては、ちんぷんかんぷん、学校長の潰れないという言葉を信じて、結果潰れたんです。

 

どこの保険会社に契約していくべきか、それを勉強です。自己責任社会です。

 

 

生命保険格付協会

評論家、コンサルタント

 

すごい7%利率の米ドル建て貯蓄性終身保険の契約内容一部公開

f:id:a1631jp:20190917150543j:plain

契約利率7パーセント、37歳男性、米ドル建て終身保険


これに、私と私に賛同する仲間たちは契約しています。一部参考です。

世界一の生命保険会社。保険屋さんも、びっくりでしょう。

これが本当のお宝保険といいます!  

7%契約利率です。

 

保険料支払い総額は、画面の右端の数字。3万5110ドル

一ドル100円換算してください。

途中の解約返戻金、途中の死亡保険金の額をご覧ください。

保険料支払い総額の、何倍の利益になっていますか?

 

66歳時の解約返戻金は、保険料元金3万5110ドルのおよそ6倍の20万7135ドル受取額、
死亡保険金に至っては、76歳時点で保険料元金の10倍以上の受取予定です

死亡保険金は、たくさん家族に残せますね! 解約返戻金は、一部解約したり、または貸付してもらい老後の生活資金にも出来ますね!

 

だから、各保険会社の保険外交員さん、保険代理店さん、保険会社内勤、FPの人たちまで、私に相談してくるわけです。

だから勉強なのです。

 

* この大手a生命保険会社、一部の特定の人は、今すぐでも申し込みできます。

 

 

評論家

5%の高利率米ドル建て終身保険、今、申し込みできます!

以下は30才代、女性

皆さんに、支持されている高利率の設計書は、私との面談時、提示して解説が出来ます!

勉強、全国各地よりお待ちしてあります。
 
米ドル建て保険に関しては、メールでの詳細回答は出来ません。それ以外の医療保険がん保険、死亡保険、貯蓄性保険などの見直し相談は、全国どこにいても、メールにてできますので、ご利用ください。メール見直し相談は、入会時の年会費だけで、相談できます。
 
米ドル建て保険に関しては、トラブルや誤解した解釈を防ぐために、しっかり説明しています。重要なところです。それも、価値ある勉強になります。大衆向け販売されている保険会社の交員や代理店、FPさんたちからは聞けない話ですね。
面談は、別途費用がかかります。

すぐわかる、男女別、各年齢ごとの、設計書提供となります! 


凄い中身ですね!
🔵🔵歳時の解約返戻金予定額は、25万ドル以上。
🔵🔵歳時には、42万ドルの予定となっています。普通の米ドル建て終身保険や米ドル建て養老保険や変額終身保険や一般的利率変動型終身保険とは、大違いですね!  何しろ、保険料支払額が安いです。かつ保険会社の運用能力が素晴らしいのでしょう。

家族に遺してあげる資産を生命保険で構築する

 

夫が亡くなったとき、家族のその後の生活費。

お金を家族に残してくれていれば、うれしいものです。

その一番の策として、生命保険金で構築していくことです。

家族のその後の生活費、やりたい目的のための資金と、助かります。

 

家を購入する時の頭金にもできますし、子供を私立の学校に行かせるのにも使えますし、残して上げれれば、

 

これ、みんな考えますが、しかし、男が亡くなるのは、80歳超えてからが多いですから、なかなかそれだけ長い期間の死亡保険を購入することは出来ません。

 

金持っていれば、それもできますが、ただ金持ちは、ニッセイや明治安田生命や東京日動海上などの終身保険終身保険3000万円、外資系生保のメットライフ生命、プルデンシャル生命、その他ソニー生命での米ドル建て終身保険30万ドルの死亡保険契約するかといえば、それもしないでしょう。

何故なら、これら生保の円建てにしても米ドル建ての終身保険にしても、保険料が相当高いですから、頭のいい資産形成策とはいえません。

 

でも、金もっている医師や会社経営者や年収の高いエリート会社員の半数の人たちは、保険料が高いということもわからず不勉強で、保険屋さんにヨイショと推されて、契約してしまう始末ということもあるでしょう。

 

上手い、利益率が高い終身保険に契約できる方策はないものか? 世の中には、あるわけです。あとは、勉強するか、しないかです。

 

私のところには、北海道から九州沖縄まで、高い利率の終身保険養老保険など求め、出張依頼も少なくありません。またこちらに飛行機で相談に来られる人も少なくありません。一般の人たちのほかに、保険代理店経営者さんや保険会社勤務の外交員さん女性、CFPさん、税理士さんまでも、相談に来ています。そこまでしても、相談して価値ある保険の中身を知りたいのでしょう。

 

保険の勉強において、それだけ熱心な分、大きく資産構築していくためのチャンスを得ることが出来るでしょう。

 

自分から行動しないと、何も成長しない。得られない。

 

余談、

ユニクロは、イタリアにはじめて出店したと報道がありました。

現地でインタビューに答えるユニクロの社長は、企業はもっと海外に強く出て行かないと企業の成長にはならないと話していました。それと、ある意味、同じです。

 

一時の損? 相談料支払うという損?  それはリスクではありません。自分の知恵、ノウハウを向上させていくための勉強代なのです。勉強代とか入学費用出さないで、得られるものはありません。ユニクロの社長は、イタリアに店を出すことは、リスクとは少しも思っていないのです。それも、成長していくための、ある意味、勉強なのです。

 

この世の中、勉強した者勝ちです。行動した者勝ちです!

愛する家族のためにも、ここで頭を使いましょう。

 

参考

NPO法人生命保険格付協会

 

評論家、コンサルタント